枚方で歯医者をお探しなら 青島歯科クリニック

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

~透明・目立たない・痛みが少ない矯正治療~

マウスピース型矯正装置とは、従来の矯正治療で用いるワイヤーなどを使わずに、オーダーメイドの透明なマウスピースによって矯正を行うため、目立ちにくい、痛みが少ない、取り外しが可能など、患者さまの負担を軽減できる矯正装置になります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

青島歯科クリニックで使用しているマウスピース矯正

青島歯科クリニックではでは、米国のアライン・テクノロジー社によって開発されたインビザラインというマウスピース型矯正装置を取り扱っております。
このマウスピース型矯正装置(インビザライン)は1997年に開発され、現在世界100ヵ国以上で500万人以上の治療実績のあり、患者さまの歯並びの状況やライフスタイルなどをお伺いしながら、最適なマウスピース型矯正装置をご提案させて頂きます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

1.透明で目立たない
薄くて透明なマウスピースを使用するので、周囲から矯正治療中でることが気づかれにくいため、見た目を気になる方にはおすすめです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

2.痛みが少ない・取り外しができる
ワイヤー矯正では金属などを用いるため、どうしても舌や歯ぐき、口の中の粘膜などに当たって痛みを感じることがありますが、マウスピース型矯正装置はプラスチックなのでそのようなことがありません。

3.取り外しができる
患者さまにはオーダーメイドで作成したマウスピースを1日20時間程度装着していただきます。
食事中や歯磨きの時などには取り外していただけるので、虫歯や歯周病のリスクも軽減できます。

取り外しができる

4.金属アレルギーの方でも安心
マウスピース型矯正装置では一切金属を使用しない矯正治療になりますので、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けて頂けます。



~患者さまの負担をより軽減するために~

【口腔内スキャナ(iTero)の導入】
マウスピース型矯正装置は、患者さんの歯型に併せてマウスピースを作り必要があるため、従来はシリコンという材料を口の中に入れて歯の型取りを行っていました。
この歯の型取りは、お口の奥までシリコンや入れ物を流し込むことになり、しばらくそのままにしておかなければならないので、お子様や特に嘔吐反射が激しい方は負担がかかっておりました。
そこで青島歯科クリニックでは、患者さまの負担を軽減するためにiTeroという3D口腔内スキャナーを導入しております。
3D口腔内スキャナーは、お口の中に細長いスキャナーを入れることによってお口の内部を数千回撮影しその画像を自動的に合成し歯型と同じような3Dデータを生成いたします。
さらにこちらはアメリカのアライン社に送られ、歯型の3Dデータに基づいて、患者さま一人一人にあったマウスピースを作製いたします。
また現在の歯型はモニターでも確認でき、マウスピース型矯正装置によってどのような歯並びになるか3D画像上で確認することができ、ご納得いただいてからスタートできます。

【口腔内スキャナ(iTero)の導入】

マウスピース型矯正装置のデメリット

不正な歯並は、顎骨の問題(上下の顎骨の大きさのバランスが悪い)と、歯の生える位置の問題の大きく2つに分けることができます。
マウスピース矯正では歯の移動のみ行ない、顎骨は治療することができません。

マウスピース型矯正装置は万能ではなく、適用範囲があるため、治療をお断りさせていただくことがございます。
しっかりと正確に診査・診断を行ない、無理に治療をお勧めすることはありません。
そのため、ケースによっては治療をお断りさせていただくことがございますが、そのような場合も患者さまに最も適した矯正治療方法をご提案いたします。

 

Facebook